スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

最近気になった介護関係のニュース!高齢者狙いの介護サービス詐欺があるらしい!

介護サービスの詐欺って少し前から話題になっていた。見極めとかできるのかな?不安を煽られると心配だよね!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

高齢者を狙った介護サービス詐欺も
国民生活センターが注意喚起(MONEYzine)

 民間の介護サービスがますます充実してきている。しかし、高齢者の不安につけこんだ詐欺も起きており、注意が必要だ。

 国民生活センターは13日、「公的介護保険を補ってくれる介護サービス?」と題し、60歳代の女性から寄せられた相談を公表し、注意喚起を行った。

続きはコチラ!
http://moneyzine.jp/article/detail/201910

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


介護ビジネスって、やっぱり淘汰が激しいのかな?地域密着型の中小業者は、大変かもね!

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

厳しい介護ビジネスの実態倒産業者の7割強が創業10年未満(MONEYzine)

 介護保険法施行で介護事業に進出する事業者が急増した。しかし、競争の激化や改正介護保険法で、経営環境は厳しさを増している。

 帝国データバンクが19日に発表した調査結果によると、2001年~2011年の医療機関の倒産は381件で、その内、老人福祉事業者の倒産は134件だった。老人福祉事業者には、養護老人ホームや特別養護老人ホームのほか、ケアハウスや老人デイサービスセンター、移動入浴サービス、在宅介護サービスを行う事業者が含まれる。

続きはコチラ!
http://moneyzine.jp/article/detail/201993/

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
スポンサーサイト

タグ : 悪質業者, 介護サービス,

| 介護関係ニュース | TOP↑

祖父や祖母が入居していた老人ホームは、決して雰囲気が良かったとはいえなかった!

祖父や祖母が入居していた老人ホームは、寝たきりの人が多かったこともあるけど、介護付きの有料老人ホームだと思う。祖父や祖母も寝たきりだったわけだけど、あの独特な雰囲気には慣れなかった。もう30年以上も前の話だけど、子供心ながら衝撃的なことだったからね。まだ病院の方がマシと思ったほど。病院の場合、完治すれば退院できる(例外もあるけど)けど、老人ホームの場合、一度入れば老人ホームから出ることは無いだろうからね。探すのも大変かもしれない。いまは、オアシスナビケアプロデュースで探せるけど、入居するならキチンと入居相談して、体験入居をしてから入るべきだよね!

タグ : 介護付き有料老人ホーム,

| 老人ホームの探し方! | TOP↑

注意が必要な有料老人ホームとは!こんなケースにご用心!かも・・・

介護保険が導入され、老人ホームや高齢者向け住宅といった施設も年々増加しているそうです。ただし、その増加に伴い、老人ホームに関するトラブル事例も増加傾向にあるようです。特に多いのが、パンフレット記載の内容と実態が伴っていないことだそうです。用は入居後のトラブルですね!体験入居をしていないのか疑問もありますが、やはり老人ホームに関するトラブルは、よく聞くようになりました。そのため入居を決める際は、当然のことながら見学や体験入居をしてからにしたいです。さらに入居相談 ケアプロデュースなども活用し、専門家の意見も参考にしたいですね!そこで、注意が必要な老人ホームの例について、気が付いたことを箇条書きにしてみます!

■届出をしていない有料老人ホーム
基本的に老人ホームを開業するには、『老人福祉法』により都道府県知事の届出が必要になるそうです。ただ、中には無届の施設もあるようですね。しかし届出をしている老人ホームが決して『優良』というわけではないのですが、届出をしている施設の方が一定基準を満たしているともいえます。老人ホーム選びは慎重に!

■曖昧な表記!『アットホームな雰囲気』『親切なスタッフ』など、当たり前なことをもっともらしく宣伝していると、少し不安に・・・
そもそも老人ホームは、老後の生活の場なので『アットホームな雰囲気』とか『親切なスタッフ』などは、当たり前なことだと思っています!しかし、現実は少し異なるようですね!当たり前のことを、もっともらしく宣伝したい気持ちも分かりますが、もっと知りたいこともあります!例えば、介護スタッフや有資格者の人数、緊急時の対応、病気など治療体制、終身介護か否か、基本費用の詳細などですね!あまりにも具体性に欠ける表記は、ちょっと不安です!

■契約を急ぐ老人ホーム!
なんでもそうですが、契約を急ぐケースは注意が必要です。特に、契約書・管理規定・重要事項の説明書などが、なかなか提示されないケースは要注意かも・・・必要な情報をキチンと開示してくれない施設は、要注意といった感じですね。

■入居は、実地見学+体験入居後に!
老人ホームやシニア住宅に入居する際には、施設見学や体験入居をしてからにしましょう!特に体験入居では、パンフレットには書かれていないことが見えますので!また施設見学は、1人では行かず、複数の人と見学し、他者の意見を参考にするといいです。

タグ : トラブル,

| 老人ホームの探し方! | TOP↑

老人ホームの種類や分類について!大きく分けると民間施設と公共施設!

一言で老人ホームといっても実は様々な種類があり、しかも経営形態も異なります。また法律上でいえば、有料老人ホームは福祉施設ではないそうですね。老人ホームを大きく分類すると、公的な福祉施設と民間施設に分けられるのですが、これを元にどんな老人ホームの分類があるのか紹介しておきます。

●民間施設
・有料老人ホーム(たぶん一番施設数が多いと思われるのが有料老人ホームです。経営形態には、株式会社・社会福祉法人・財団法人・宗教法人・医療法人・個人その他など実に多岐にわたります。健康な方から要介護が必要な方まで入居できるホームになります。)
・グループホーム(共同生活住居となるグループホームですが、終身施設では無いそうです。基本的に一人で日常生活を送るのが困難な要介護の方が対象となり、要支援の方は入居できないそうです。主に認知症状態の高齢者が対象となります。)

●公的施設
・養護老人ホーム(その経営形態は、地方公共団体と社会福祉法人に分類されます。基本要件を満たしていれば入居できるそうです。なお高所得者や寝たきり・介護が必要の無い方は入居出来ません。)

・特別養護老人ホーム(常に介護が必要な場合に入居する施設になります。自宅での介護が困難な場合はこちらですね。基本的に要介護認定が要介護度1~5の方が対象となるそうです。)

・軽費老人ホームA型・B型(特に家庭環境や住宅事情などの諸事情で自宅(居宅)での生活が難しい場合に入居する施設になります。さらにA型とB型に分類されますが、基本的に自炊できる方が対象のようです。なお経営形態は、地方公共団体と社会福祉法人に分類されますが、社会福祉法人の場合はA型・B型といった分類分けはされていないようです。)
・ケアハウス(自炊できない程度の状態の方が入居する施設。独立しての生活に不安がある方が対象です。)

・老人保健施設(病院での入院治療の必要が無く、単に回復を目的とした施設。基本的に家庭復帰を支援することを目的とし、主にリハビリテーションを目的とした医療施設になります。そのため長期入居はできません。)

・グループホーム(共同生活住居となるグループホームですが、終身施設では無いそうです。基本的に一人で日常生活を送るのが困難な要介護の方が対象となり、要支援の方は入居できないそうです。主に認知症状態の高齢者が対象となります。)

●その他
・高齢者賃貸住宅(単身の高齢者や高齢者の夫婦世帯など専用の賃貸住宅です。介護が必要な場合、外部の介護サービスを受けることになります。)

・高齢者住宅(高齢者賃貸住宅以外の高齢者向けの住宅。)

タグ : 老人ホームの種類,

| 老人ホームの種類 | TOP↑

老人ホームのトラブル事情!どんなドラブルが多いの?

老人ホームに関するトラブルって意外と多いみたいですね。特に老人ホーム選びでは、次のようなケースなどは注意したいところです。トラブルを避けるためにもぜひ注意してください!

・有料老人ホームの届出をしていない!
・表記に具体性が無い!
・契約書・管理規定・重要事項の説明書を提示しない!
・体験入居制度が無い!

あと施設見学も大事です。その老人ホームで働いている職員・スタッフがイキイキしていないとか、態度や雰囲気が悪いケースなどは肌で感じやすいですからね。さらに問題発生時の相談窓口が無いのも問題だと思います。

特に老人ホームに関するトラブル事例は、公正取引委員会や国民センターなどで入手することが出来ます。それらをチェックしていて感じることは、特にトラブルになりやすいのは表示に関することかなと思います。

・介護職員について
・医療機関との関係について
・費用について
・介護サービスについて

上記に事に関する表示が曖昧だったり、具体性に欠けたりするケースがあるようです。さらに入居契約や解約をめぐるトラブルも多いそうです。しかも2009年には、東京都が入居一時金の返還額が少ないことによるトラブルを解決した事例を公表しているほど!

その事例がこれです↓

●医療体制の充実をうたった有料老人ホームの契約トラブルをあっせん解決(東京都)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2009/10/40jaf300.htm

上記の参考資料として、『老人ホーム(公的老人ホームを除く)に関する苦情件数の推移』や『主な相談事項(平成20年度/都内センター合計)』の紹介もしているのであわせて紹介しておきます。

『老人ホーム(公的老人ホームを除く)に関する苦情件数の推移』
平成15年度 36件
平成16年度 50件
平成17年度 78件
平成18年度 116件
平成19年度 123件
平成20年度 118件
※ここ数年で増えていることがわかると思います。

『主な相談事項(平成20年度/都内センター合計)』
質(サービス)に関する不満 29件
入居金等一時金の返還 25件
契約条件・内容に不満 22件
利用料金などの変更 12件
信用性についての問い合わせ 10件
家族間の問題など 8件
退去時の費用負担 7件
退去要求・再入居拒否 6件
その他 13件
※特に不当表示によることがキッカケになっている感じです。

また老人ホームの入居を検討するときの注意点として以下のとこを挙げてますね。
・同一運営会社でも条件は施設ごとに違う。資料請求、納得するまで説明を受ける。
・体験入居をして介護・看護体制などの実情を把握すること。
・退去条件、入居一時金の返還条件をチェックなど。

老人ホーム選びは、色々大変なのが実情のようです。なお、これも参考になりますね!

●相談・苦情対応事例集(東京都福祉保健局)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/chiiki/kenriyougo/kujyo/s4.htm

タグ : トラブル, 不当表示,

| 老人ホームのトラブル | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。