スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

老人ホームのトラブル事情!どんなドラブルが多いの?

老人ホームに関するトラブルって意外と多いみたいですね。特に老人ホーム選びでは、次のようなケースなどは注意したいところです。トラブルを避けるためにもぜひ注意してください!

・有料老人ホームの届出をしていない!
・表記に具体性が無い!
・契約書・管理規定・重要事項の説明書を提示しない!
・体験入居制度が無い!

あと施設見学も大事です。その老人ホームで働いている職員・スタッフがイキイキしていないとか、態度や雰囲気が悪いケースなどは肌で感じやすいですからね。さらに問題発生時の相談窓口が無いのも問題だと思います。

特に老人ホームに関するトラブル事例は、公正取引委員会や国民センターなどで入手することが出来ます。それらをチェックしていて感じることは、特にトラブルになりやすいのは表示に関することかなと思います。

・介護職員について
・医療機関との関係について
・費用について
・介護サービスについて

上記に事に関する表示が曖昧だったり、具体性に欠けたりするケースがあるようです。さらに入居契約や解約をめぐるトラブルも多いそうです。しかも2009年には、東京都が入居一時金の返還額が少ないことによるトラブルを解決した事例を公表しているほど!

その事例がこれです↓

●医療体制の充実をうたった有料老人ホームの契約トラブルをあっせん解決(東京都)
http://www.metro.tokyo.jp/INET/KONDAN/2009/10/40jaf300.htm

上記の参考資料として、『老人ホーム(公的老人ホームを除く)に関する苦情件数の推移』や『主な相談事項(平成20年度/都内センター合計)』の紹介もしているのであわせて紹介しておきます。

『老人ホーム(公的老人ホームを除く)に関する苦情件数の推移』
平成15年度 36件
平成16年度 50件
平成17年度 78件
平成18年度 116件
平成19年度 123件
平成20年度 118件
※ここ数年で増えていることがわかると思います。

『主な相談事項(平成20年度/都内センター合計)』
質(サービス)に関する不満 29件
入居金等一時金の返還 25件
契約条件・内容に不満 22件
利用料金などの変更 12件
信用性についての問い合わせ 10件
家族間の問題など 8件
退去時の費用負担 7件
退去要求・再入居拒否 6件
その他 13件
※特に不当表示によることがキッカケになっている感じです。

また老人ホームの入居を検討するときの注意点として以下のとこを挙げてますね。
・同一運営会社でも条件は施設ごとに違う。資料請求、納得するまで説明を受ける。
・体験入居をして介護・看護体制などの実情を把握すること。
・退去条件、入居一時金の返還条件をチェックなど。

老人ホーム選びは、色々大変なのが実情のようです。なお、これも参考になりますね!

●相談・苦情対応事例集(東京都福祉保健局)
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/chiiki/kenriyougo/kujyo/s4.htm
スポンサーサイト

タグ : トラブル, 不当表示,

| 老人ホームのトラブル | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。